プリスクール 子供英語 学習教材 評判 感想 体験談

プリスクール 子供英語 学習教材 評判 感想 体験談

子供の英語学習 はじめの1歩

英語でしか見れないDVDのリージョンコードについて

更新日:

リージョンコードとは、DVDの再生可能地域を限定するコードのことです。世界を6つの区域に分けてそれぞれ番号を振り分け、DVDプレイヤーとDVDディスク双方ににその番号情報(コード)をもたせます。そしてDVDプレーヤーとDVDディスク両者のコードが一致しないと再生できないしくみになっています。

ちなみにその番号は、0.なし(フリー) 1.アメリカ、カナダ 2.日本、ヨーロッパ 3.アジア 4.オーストラリア、中南米 5.旧ソ連 6.中国となっています。このため、例えばアメリカで購入したDVDディスク(リージョン1)は、日本で購入した(日本市場向け)DVDプレーヤ(リージョン2)で再生することはできないようになっているのが原則です。

このようなシステムができた背景にはハリウッドの思惑が大きく絡んできます。たとえば、ある映画がアメリカで封切られたとしましょう。しかしその映画は全世界で同時に公開されるわけではありません。アメリカで公開された映画の日本公開が翌年になることもしばしばあります。そして日本で公開する前の映画がすでにアメリカでDVD化されることもよくあることです。こういった場合に、その映画のDVDが日本に流入したら映画の興行に影響を与える可能性が高いとハリウッドは考えたわけです。そこで、提案されたのが、リージョンコードというわけです。

このような事情があるため、リージョンコードに反発する人も少なからずいます。リージョン0(リージョンフリー)のDVDディスクやプレイヤー、さらにはリージョンを解除できるソフトウェアなども出回っています。
ただしこれらは、国際的な取引慣行法に違反する恐れがあるともいえます。しかし逆に、プレーヤーメーカーの中で、リージョン制限を無効にする方法を公表しているところもあるようです。

こういった点で日本に割り当てられたリージョンコード以外のDVDディスク、DVDプレイヤーを使う場合には注意が必要ですので、自己責任でお願いします。

871939_33522681.jpg英語学習の視点でいいますとと、リージョン1(アメリカ合衆国およびカナダ)のDVDを再生して見せれば、日本語は入っていないことになります。今や日本で最大の書店ともいえるamazonでもリージョン1のDVDは普通に売られています。商品の詳細のリージョンコードのところを見てください。下記のように書いてあるハズです。

リージョンコード:
リージョン1 (アメリカ合衆国およびカナダ このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)

ただ、上記のようなDVDディスクを購入しても、再生できるDVDプレイヤーの入手をどうするかという問題は残ります。

ちなみに、日本とヨーロッパは同じリージョン2ですが、映像規格が異なる(NTSCとPAL)ため、日本のDVDプレイヤーでヨーロッパ向けの作品を再生できない場合がほとんどですのでご注意ください。

-子供の英語学習 はじめの1歩

Copyright© プリスクール 子供英語 学習教材 評判 感想 体験談 , 2019 All Rights Reserved.